部活動の成績

宰高VOICE!

 

Vol.001 : ソフトボール部

 

太宰府高校で部活動を頑張っている生徒たちにインタビューし、その部活動を紹介する

「宰高VOICE!」

 

令和元年度の第1回目は、県大会にも出場したソフトボール部です!
 

 
 
ソフトボール部は、本校開校後間もないソフトボール同好会から始まりました。
その歴史は野球部よりも古く、同好会時代を含めると30年にもなる伝統ある部活です。
 
顧問の亀田先生、藤井先生指導の下、週6日練習しています。
他の県立高校ではあまり見られない
ナイター設備
ピッチングマシン2台
専用の大型バックネット
グラウンド専有面積は最大の規模を誇り
高体連主催の大会では本校のグラウンドで2試合を同時に行う事もしています。
卒業後も大学へ進学しソフトボールを続けられる環境を紹介したりと、ソフトボールに打ち込める素晴らしい環境です。
 
今年度は
インターハイ福岡県大会ベスト16
新人大会福岡県大会ベスト8 など
本校運動部の中でも優秀な成績を残してきています。

 

 

 練習の合間に、期待の一年生ショート、永井里佳さん(二日市中学校出身)にインタビューしました。

 

 

 

-宜しくお願いします。

 

永井:宜しくお願いします!

 

-緊張してますか?

 

永井:はい。とても(笑)

 

-気楽に受け答えしてくれれば大丈夫です。まず最初の質問です。ソフトボールはいつから始めたのですか?

 

永井:中学校からです。2つ年上の姉がソフトボールをしていて、その影響で始めました。

 

-日ごろの練習で心がけていることはありますか?

 

永井:守備の時は、スローイングの時に肘を上から出すことと、捕る人が捕りやすい所に投げることを心がけています。バッティングでは、バットがアッパースイングにならないように上からボールを叩くことと、手首を返すことを意識しています。

 

-太宰府高校のソフトボール部に入って、何を学びましたか?

 

永井:仲間の大切さです!

 

-入部してから今までで思い出に残った出来事はありますか?

 

永井:監督から1年でレギュラーに抜擢してもらって、先輩たちが主力のチームに入って県大会ベスト8に行けたことです!

 

-ソフトボール部の魅力を教えてください。

 

永井:部員の仲が良く、どんな練習も皆で一生懸命頑張れる所です。

 

-ソフトボール部に入って何か変わった、成長したと思うところはありますか?

 

永井:今まで、3年生のチームに後輩の私が入ってプレーしたことがなかったので、先輩たちに迷惑をかけないように意識し、一つ一つのプレーを大切にするようになりました。

 

-最後に、競技者としての夢や目標などがあれば教えてください。

 

永井:卒部するまでに総合力をもっと上げて、皆に信頼される選手になりたいです!

 

-素晴らしい目標ですね!ありがとうございました!

 

永井:ありがとうございました!!

 



 

 

 ■編集後記■

取材をした12/5(水)は冷たい風が吹いていましたが、そんな中で寒さを吹き飛ばすような元気な声で、熱気ある練習を行っていました。

 

昨年もインタビューを行い、前キャプテンの山本さんが「県大会優勝」と目標を立ててくれました。

その目標を達成するため、一生懸命練習を続けているソフトボール部。

インタビューの中でもあるように、今年度は前キャプテンの山本さんら3年生を中心としたチームで県大会ベスト8にも勝ち上がり、常勝軍団となりつつあります。

そんな3年主体のチームの中で、1年生ながらショートのレギュラーを掴み取った永井さん。

野球経験者の記者も、彼女のハンドリング(グラブさばき)やボールに入る体勢の上手さに「本当に1年生ですか?」と、驚いていました。

 

目が離せない太宰府高校ソフトボール部。

更にレベルアップして、県大会ベスト4、県大会優勝、全国大会出場してくれることを信じています!

 

 

 

 ホーム
福岡県立太宰府高等学校〒818-0122福岡県太宰府市高雄3-4114
Tel:092-921-4001 Fax:092-928-0758
福岡県立太宰府高等学校
〒818-0122福岡県太宰府市高雄3-4114
Tel:092-921-4001  Fax:092-928-0758
.