部活動の成績

宰高VOICE!

 

Vol.0015: 吹奏楽部

 

太宰府高校の部活動で頑張っている生徒たちにインタビューし、その部活動を紹介する

「宰高VOICE!」

平成30年度の第15回目は、吹奏楽部です!
 


 



 
吹奏楽部は、顧問の一ノ瀬先生、龍先生指導の下、週6日音楽室を中心に定期演奏会や校内外で演奏活動をし、良い音楽を提供することを目標に、部員全員で協力して練習に励んでいます。
 
学校の楽器が新しく、サックスであればセルマーヤマハカスタム、クラリネットであればクランポン、トランペットはバックなど、部員への貸し出し用としてはなかなかない国内外有名メーカーのハイクラスモデルである良い楽器が各パートにあります
 







 

 

 練習の合間に、部長で2年生の髙橋彩華さん(板付中学校出身)と、副部長で2年生の久我真智子さん(太宰府中学校)にインタビューしました。

 

 







 

-宜しくお願いします。

 

髙橋・久我:宜しくお願いします!

 

 

-最初の質問です。吹奏楽はいつから始めたのですか?

 

髙橋:中学校から始めました。小学校のときから音楽が好きで、中学校で吹奏楽部に入部してチューバを始めました。そのときに合奏の楽しさを知り、高校でも続けたいと思うと同時に、新しい楽器に挑戦したいと思い、太宰府高校に入学して吹奏楽部に入って、ユーフォニアムを始めました。

 

久我:元々は小学校の頃からピアノを習っていたのですが、近所に住む8つ年上の方がパーカッションをやっていて、その姿に憧れて中学校の吹奏楽部に入部しました。そして、中2の冬に太宰府高校の定期演奏会に行ったとき、とても感動して、「顧問の先生のもとで音楽をやりたい!」と思い、太宰府高校吹奏楽部に入部しました

 

 

-日ごろの練習で何を心がけていますか?

 

髙橋:それぞれの楽器の音色に特徴があるので、音を出すときに全員が楽器を響かせ調和するイメージをもって合奏するようにしています。

 

久我:パーカッションはドラムセットやマリンバ、グロッケンにティンパニなど様々な種類があり、各々基礎練習のやり方が違うので一つの楽器に偏らず、満遍なく練習するようにしています。

 

 

-部長に質問です。太宰府高校の吹奏楽部に入って何を学びましたか?

 

髙橋:合奏では、誰かが休んだりしてパートが一つでも欠けると全体のバランスが崩れてしまい、良い演奏ができないので、それぞれ個人の練習に向かう意識と協調性が大切だと学びました。

 

 

-久我さんに質問です。太宰府高校吹奏楽部のアピールポイントを教えてください。

 

久我:コンクールだけでなく、地域のイベントにたくさん参加していて、楽しい思い出がいっぱい作れます。また、顧問の一瀬先生に音楽の取り組み方や練習など色々教えてもらえます。

 

 

-吹奏楽部の魅力や、部の雰囲気はどうですか?

 

髙橋:部の魅力は、学校に良い楽器が多く揃っていて環境が良く、練習に専念できるところです!

 

久我:雰囲気は、とにかく明るいです。部員同士の心の距離が近く、なんでも相談できるところです。

 

 

-部長に質問です。部長になって精神的に何か変わったと実感したことはありますか?

 

髙橋:イベントやコンクールの準備など、部員たちだけでの運営はとても難しく、周りのサポートしてくれている人たちが居てくれるおかげで成り立っているので、サポートしてくださる皆さんに心から感謝できるようになりました。

 

 

-最後に、吹奏楽部として奏者としての夢や目標などがあれば教えてください。

 

髙橋吹奏楽コンクールで県大会出場です!

 

久我:大学でも吹奏楽を続けたいので、高校でもっと経験を積んで演奏者として更に良いステージに立てるよう頑張りたいです

 

 

-今日はありがとうございました。

 

髙橋・久我:ありがとうございました!!

 



 



■お知らせ■

2019年3月21日(春分の日)に、筑紫野市文化会館大ホールにて14時より

第10回 定期演奏会」を行います。

入場無料です!


クラシックからポップスまで、3部構成でお送り致します。

皆様どうぞ筑紫野市文化会館大ホールにお越しください!

 

 

 ■編集後記■

 吹奏楽部に取材に行きましたが、吹奏楽経験者の取材メンバーが音楽室の充実した設備を見て

高校生でこんな良い楽器に触れることができ、色々な場所で演奏できて本当に羨ましい

と大変驚き、顧問の一瀬先生から楽器を見せていただきながら、3万円のトライアングルに興奮していました。

 今回取材をした部長の髙橋さん、副部長の久我さんの練習に対する取り組み方、意識の高さには大変感動しました。

 そんな部長が引っ張り、たくさん練習した音は嘘をつきません。その美しい音色を武器に、次のコンクールで金賞を獲得し、県大会出場の切符を掴んでほしいですね!

 ホーム
福岡県立太宰府高等学校〒818-0122福岡県太宰府市高雄3-4114
Tel:092-921-4001 Fax:092-928-0758
福岡県立太宰府高等学校
〒818-0122福岡県太宰府市高雄3-4114
Tel:092-921-4001  Fax:092-928-0758
.