部活動の成績

宰高VOICE!

 

Vol.002: 野球部

 

太宰府高校の部活動で頑張っている生徒たちにインタビューし、その部活動を紹介する

「宰高VOICE!」

平成30年度の第2回目は野球部です!
 

 

 
野球部は、創部13年と本校の中では歴史が新しい部活動です。
 
顧問の西村先生、江濱先生、山田先生指導の下、週6日(月曜休み)で練習しています。
 

野球を通して人格形成と県大会出場を目標に、設備が整っていない分は工夫して、日々練習に励んでいます。

 

 

 練習の合間に、主将の有久隆仁くん(筑紫野中学校出身)にインタビューしました。

 

 

 

-宜しくお願いします。

 

有久:宜しくお願いします!

 

 

-まずは、野球はいつから始めたのですか?

 

有久:自分は小2の後半から始めました。

 

 

-日ごろの練習で心がけていることはありますか?

 

有久:キャプテンとしてしっかり声を出すのは勿論、2年生が少なく1年が主体のチームなので、2年全員も主将のつもりで練習に励んでいます。

 

 

-太宰府高校の野球部に入って、何を学びましたか?

 

有久:グラウンドが狭いとか広いとか関係なく、一生懸命練習すれば勝てることを学びました。

 

 

-入部してから今までで思い出に残った出来事はありますか?

 

有久:小郡高校との試合で、横山先輩がスタンド中段に放り込んだ超特大ホームランです。3年生が引退して、自分が3番という横山先輩と同じ打順になったので、大事な打順を任された以上は、先輩よりも打たなければならないと思いました。

 

 

-野球部に入って何か変わった、成長したと思うところはありますか?

 

有久:人前で話すことが苦手だったのですが、キャプテンになって部員とのコミュニケーションを積極的にとるようになったし、思ったことが伝えられるようになりました。

 

 

-最後に、競技者としての夢や目標などがあれば教えてください。

 

有久:まだ夏の予選で勝てていないので、まず勝って歴史を変えたいです!

 

 

-夏の予選での勝利の報告、待っています!ありがとうございました!

 

有久:ありがとうございました!!

 



 

 

 ■編集後記■

取材をした11/30(金)は肌寒いながらも好天の中、2年生が1年生に「もっとこうしたら良くなると思う」と、優しく教えながら練習している姿がとても印象に残りました。

インタビューをした有久くんは、今年の夏に倒れている人を発見し救急車を呼び、その場で応急処置を行い、尊い人命を救ったとして消防署から表彰をされました。

 

インタビューの中で夏の予選で1勝という目標が出てきましたが、全国でも有数の予選の厳しさを誇る福岡県で勝つ事は簡単ではないとは思います。

しかし、1年2年が団結し、工夫をしながら練習している彼らなら出来ると信じています!

更にレベルアップして、来年の夏の予選で朗報が飛び込んでくる事を願っています!

 ホーム
福岡県立太宰府高等学校〒818-0122福岡県太宰府市高雄3-4114
Tel:092-921-4001 Fax:092-928-0758
福岡県立太宰府高等学校
〒818-0122福岡県太宰府市高雄3-4114
Tel:092-921-4001  Fax:092-928-0758
.